FC2ブログ

晴天に恵まれました

初めての田植え(1年生の後ろ姿)
 
三沢市立おおぞら小学校の恒例となった全校田植えに、JA青年部がお手伝いしました

JA青年部は苗の準備や管理、収穫と米作りを毎年全力でお手伝いしています
sIMG_4460.jpg
三沢地区青年部長の田中継美さんがデモンストレーション
sIMG_4459.jpg「苗は3本、心は一つ」が合言葉です

sIMG_4494.jpg
85人が一列に並んで田植え
苗は「まっしぐら」です
sIMG_4522.jpg
青年部員がサポート
sIMG_4552.jpg
毎年の作業に慣れている子どもたちは楽しんでいます
sIMG_4526.jpg

sIMG_4580.jpg
6年生は余裕~ 田植え終わりはいつも泥遊び

sIMG_4602.jpg
収穫までは5年生が中心となって、青年部員の指導のもと管理していきます
おいしい「おおぞら米」ができるよう、愛情込めて育てましょう

sIMG_4590.jpg
頼りになります、三沢地区青年部員!


スポンサーサイト

春掘り長いもの収穫が進んでいます


JAおいらせ管内では、長いもの収穫作業が盛んです。
 
JA青年部六戸地区の方に収穫作業の撮影協力をいただきました。
天気が良く、遠くには雪をかぶった八甲田が見られます。

sIMG_4149.jpg
4月の初めは天気が落ち着かず畑に入られませんでしたが、(おかげさまで休めました、という声も)
天候が回復し、長いもの収穫がやっとできたとおっしゃっていました。

こちらも青年部員さんです。
sIMG_4065.jpg
「作柄は人柄」と、同行したJA指導員も太鼓判の長いもです。
sIMG_4070.jpg
トレンチャーという掘り取り機で土を起こし、長いも1本1本あがってきます。


昨年は雪の降り始めが早く、秋に掘る予定が雪で掘れなかったことで春掘り長いもの数量が多くなる見込みです。
土の中で冬を越す、よく考えると不思議な感じです。

長いもの春掘りは4月いっぱいです。
収穫した長いもはJAの冷蔵施設で保存して、順番に洗浄・選別して出荷します。
1年中流通していますよ。
ですが、旬の長いもはとろろで食べるとおいしいです。ぜひ、生でお召し上がりください!

ここ数年で一番遅い開花


4月15日にやっと咲きました。
 
久しぶりのブログ更新です。
今年は4月初めに雪。
なかなか天気が落ち着かず、ようやく温かくなってきました。
 
JA本店中庭の梅もようやく開花しました。
昨年は4月4日には咲いたので、ここ数年見ている中で一番遅いような気がします。
sIMG_4259.jpg
全体を見るとまだまだ。

sIMG_4257.jpg
2~3日、気温が高くなる予報なので開花が進みそうです。

JAおいらせ 健康宣言しました!


県内JAで初の 健康宣言登録事業所 となりました!

JAおいらせは協会けんぽ青森支部が職場での健康づくり推進として呼びかける「健康宣言」をしました。
(2019年2月末時点で約400の事業所が宣言しています)

健康宣言は職場全体で健康管理に取り組むことで、職員を重要な経営資源ととらえ、
職員の健康保持増進が生産性や人材定着率の向上などメリットが期待されます。
 
今後もJA独自に設定した健康プランを含む4項目の健康メニューに取組み、心身ともに健康で元気な職場を目指します。

やさい推進委員会野菜販売目標額75億円を目指す


JAおいらせやさい推進委員会は、平成31年度販売額75億円を目指します。

平成30年度は、ごぼう、人参、大根が高値販売となった一方、全体的な出荷量の減少で
販売額は68億4120万円と目標金額75億円に至りませんでした。
平成31年度は、生産管理工程(GAP)や出荷前残留農薬検査など「安全・安心・元気」な野菜生産に
取り組み、販売額75億円に向け積極的な活動を展開します。

2月27日、通常総会では野菜販売に貢献した優良生産者、共励会受賞者、多量出荷者の表彰が行われました。
sIMG_3585.jpg

野菜情勢報告で講演した、大果大阪青果株式会社の久下専務取締役からは
「JAおいらせの野菜は長いも、ごぼう、にんにくを中心に安定的でブランドとして非常に強い。
市場としてもしっかり売って、生産者とJAと一致団結したい」と心強い言葉をいただきました。
sIMG_3664.jpg