農家のみなさんの声を聞くため、伺います


にんにくの植付け(JA採取圃)

JA管内は、にんにくの植付け、ごぼうの収穫、米の収穫が目立ちます

にんにくの植付けは六戸地区は10月上旬に、三沢地区は中旬がピークです
s-IMG_9776.jpg
穴をのぞくと
s-IMG_9775.jpg
かろうじて見えました

s-IMG_9777.jpg
JAは優良種子の生産と供給に努めています
ですが、生産者や作付面積が増え、毎年不足気味です
種子の確保に一層努力いたします

そして今月より、担い手農家さんのもとへ常勤役員がTAC担当職員とともに訪問いたします
皆さんのニーズをより正確に把握するため、月に1~2回程度ですが、
ざっくばらんに近況や要望等をお話し下さい
s-IMG_9672.jpg沖澤組合長
s-IMG_9796.jpg種市専務(中央)

よろしくお願いいたします

スポンサーサイト

選果施設の見学


ごぼう 2Lサイズ

s-IMG_9600.jpg
ごぼうの選果が本格化します

s-IMG_9582.jpg
市内の小学3年生が見学に訪れました

長いもとごぼうの選果施設の見学です
ごぼうの香りに喜び、「ごぼうに草が生えてる!」と驚いていました
ごぼうの生命力の強さの証拠です

s-IMG_9585.jpg
立派なごぼうです

s-IMG_9589.jpg
「この太さのごぼうは、鍋やきんぴらに使われるので、とても人気があります」と説明

s-IMG_9598.jpg
1℃の冷蔵施設で保管され、出荷となります

秋掘りごぼう はまだまだこれから
JAおいらせ産のごぼうをよろしくお願いします
s-IMG_9574.jpg

収穫の秋 到来です


田植えからちょうど4カ月、無事に実りました

青年部三沢地区が毎年お手伝いしている小学校での米作り
ついに稲刈りの時が来ました!

s-IMG_0327.jpg
全校児童で稲刈りです

s-IMG_0342.jpg
青年部員がデモンストレーション

学校での米作りはもう10年以上
昨年は5年生だけでの米作りとなりましたが、今年は全校児童参加とのことで
子ども達も気合が入っております

s-IMG_0355.jpg
稲刈りが初めての1年生には6年生がしっかりついてアドバイス

s-IMG_0398.jpg

s-IMG_0399.jpg
始めはぬかるみに手こずっていた子どもたちでしたが、
稲刈りは慣れているので、気付くとどんどん進んでいました

s-IMG_0373.jpg
青年部員は束ねる作業をお手伝い

児童に「撮ってくださーい」と声をかけられ
s-IMG_0435.jpg
靴を脱ぎすて、もう靴下になっちゃいました

s-IMG_0418.jpg
約1時間の稲刈りでしたが、よくできました!

s-IMG_0469.jpg
学校に戻り、高学年の児童と青年部員で乾燥作業へ

学校米として、参観日で販売されるそうです!

小学校で米作りができる環境はなかなかありません
ごはんや農畜産物のありがたさを体験できる貴重な機会です

学校と青年部の取組みに拍手です!!


今年もご来場いただき ありがとうございました


JAおいらせゆめまつり 9月17日(日)に開きました

台風が近づいていたこともあり、三沢会場は開会直前まで雨模様
しかし、雨も落ち着き、開会には大勢来場してくださいました
s-IMG_0001.jpg


s-IMG_0077.jpg
ミスクリーンライスさんも参加して下さりました
ありがとうございます 美しくそしてとても優しい素敵な方です!

毎年恒例の無料配布
s-IMG_9996.jpg
今年は、地元産米まっしぐら2合・県産牛乳・卵6個(三沢産)です
昨年同様10分足らずで本支店のべ1000セットがなくなってしまいました

s-IMG_0064.jpg
本店のある浜三沢地区の伝統芸能 駒踊り を披露

s-IMG_0260.jpg
ステージイベントももりだくさんで
三沢会場では、昨年もパフォーマンスして下さった 青森県ご当地アイドルのGMUさん、
ものまね松森聖菜さん、エルビストキさんのショー
ウルトラマンギンガ握手・写真会


なかでもみなさんのお目当ては シソンヌ のお笑いライブではなかったでしょうか?
シソンヌのジローさんがこのJAまつりを「ほっかむりした黒いバケツもった おばあちゃんがたくさんいた」
といった内容をツイートしていたようです

黒いバケツ…
長年、組合員さんにバケツをプレゼントしているので、
黒いバケツという表現がJAまつりを象徴しています

s-IMG_0239.jpg
女性部のみなさんのごぼうドーナツ
串もちも今年は焼き台を増台して、フル回転でした

県産和牛の販売も昨年より100パック数量を増やしましたが、
11時前には完売してしまうほどの人気ぶりでした
(次回のお買い求めの際は、早めにご来場ください)

今年は六戸会場が六興祭と同時開催でした
地域イベントとしてJAおいらせゆめまつりも参加でき、大変光栄です
例年の流れで行くと来年は三沢会場が みさわ地産地消まつり と併催予定です

まつりだけでなく、JAは地域での様々なイベントに参加、または催しを開いています
今後もみなさまのご参加をお待ちしております

17日(日)はJAおいらせゆめまつり


こども図画展の審査

JAおいらせゆめまつりまであと2日
台風の影響が心配でなりませんが、まつりの準備は着々と進んでおります

まつりで展示される こども図画展 の審査が行われました

三沢地区、六戸地区ともに応募数が昨年より多く、
保育園関係者のみなさま ご協力ありがとうございました!

s-IMG_9930.jpg
年長の図画を審査する審査員の先生

「絵画はひとりひとりが答えを創るところに、何よりすぐれた特長ある学習です」
とおっしゃる先生。
親子一緒に図画展をご覧になってほしいそうです
「がんばって描いた作品を親子一緒に観て、ほめてください」

JAおいらせゆめまつりにご来場の際は、
この図画展展示会場にも立ち寄って、園児が一生懸命描いた作品もぜひご覧ください!