カテゴリ:雑学王 の記事一覧

2月の雑学

今月は2月ってことで2月について書こうと思います。

1年のうち、なぜ2月だけ28日だけなのでしょうか??そして「うるう年」とはなに??



調べたところ、地球は一年に一回太陽の周りを一周していますよね。

でも厳密には一周するのに365.2422日かかるそうなんです。

だから四年に一回、1日増やすことによって帳尻が合うので、「うるう年」が出来ました。



今から遡ること、紀元前の古代ローマ時代、もともと奇数の月は「大の月」と呼ばれて31日、偶数の月は「小の月」と呼ばれて30日と設定されていました。

当時は一年が3月から始まり、2月で終わっていました。

なので最後の月の2月は「うるう年」の帳尻合わせの月にし、2月はもともと29日(うるう年の年は30日)でした。

しかし、時の皇帝:アウグストゥス皇が、自分の生まれ年である8月が「小の月」だったのが、気に入らず、2月からさらに1日奪って、8月を31日にしちゃいました。

「大の月」、「小の月」は交互に来ていたのに、7月も8月も「大の月」になっちゃったので、じゃあ9月は「小の月」にしよっかってことで、9月と11月は30日になっちゃったそうです。


当時の皇帝のワガママが2000年以上先の現代にまで影響を与えるとはすごいと思いませんか??ちなみに8月のAugustの語源はアウグストゥス皇からだそうです。

以上、2月?8月?の雑学でした。
スポンサーサイト