2017年06月 の記事一覧

にんじんの選果作業が始まりました

形、大きさとも良好です

今年度の夏にんじんの選果作業がスタートしました

収穫は22日に六戸地区で始まり、三沢地区でも始まっています
(収穫作業はのちほど報告します)

s-IMG_8504.jpg
普段は事務所勤務のJA職員も6月下旬から7月いっぱい、交代で応援に入ります
両サイドの男性2人がそうです
第1段階で、葉やくずを取り除く作業をしています

s-IMG_8461.jpg
プールやシャワーの行程をたどるにんじんたち

s-IMG_8497.jpg

作業員さんの目で、さらに選別されます
s-IMG_8492.jpg


s-IMG_8466.jpg

s-IMG_8468.jpg
自動で大きさの選別

s-IMG_8501.jpg
さらにその先で、さらに作業員さんが見極めを行います

八戸中央青果(株)の担当者のお話ですと、にんじんは千葉県産が中心のようですが、
7月には青森県産にシフトされ、県外にも本格的に出荷されます

夏のにんじん、地元産を応援してください!





スポンサーサイト

残念ながら、7月末に子豚市場閉鎖いたします

s-IMG_8336.jpg
JAおいらせの家畜市場(六戸町)で毎週水曜日に開かれる子豚市場
このブログでも紹介したことがあります

取扱頭数の減少と施設の老朽化に対する修繕費等を考慮した結果、
7月26日水曜日を市場最終開催日とし、閉鎖することとなりました

昨年度は年間5945頭と年々減少傾向で、
ピーク時は年間4万頭という時期もあったそうです

どうして減っているかというと
農家戸数の減少にともなう頭数の減少、
数年前の全国的に流行したPED(豚流行性下痢)等による頭数の減少、
大農場での一貫生産などなど
s-IMG_8354.jpg

旧JA六戸町が開設し、53年続いた市場
近年は頭数、利用者とも減少しながらも、JAは衛生管理の徹底に努め市場運営を継続してきました
常連の購買者の方も「長年利用してきたので、さみしいな」と話していました
利用者の方には今後、近隣の畜産組合を紹介するとのことです

s-IMG_8361.jpg
7月26日まであと7回開催されますので、最終開催日までご利用頂きたいと思います