FC2ブログ

2017年10月 の記事一覧

紅葉がきれいです


JA管内の長いも畑では紅葉が始まっています
とてもきれいですよ

s-IMG_9936.jpg
そして、JAの採取圃でむかごの収穫作業が行われました

むかごは長いもの種子です
s-IMG_9945.jpg
このように種がなります
まずは葉をたたいて、むかごを地面に落とします

s-IMG_9937.jpg
葉も一緒に落ちるので、送風機で葉を吹き飛ばします

s-IMG_9943.jpg
きれいにむかごだけ残りました

今年は全体的にむかごの量が少なく、採取圃でも例年の半分程度だろうということです
8月の低温や台風18号の影響でむかごの着果が少なく、不足が予想されるため、
JAの営農情報では農家さんに、むかごの自家採取で確保するよう呼び掛けています

長いもはむかごを植えて、秋に一年子ができ、
次の春に一年子を植え、ようやく長いもの収穫となります
s-IMG_7902.jpg一年子の植付け(H29春)

長いもって2年かけてできるんです(意外と知らない方が多いと思います)

むかごももちろん食べることができ、ゆでて食べるのが一般的ですが、
先日、六戸町の農家さんから「むかごは生でも食べられるよ」と教えられ、
たしかに、長いもが生で食べられるのだから、むかごも当然か!と気づかされました


長いもの収穫は11月から
まもなく今年度産の長いもがお目見えするので、みなさまお楽しみに!
スポンサーサイト

農家のみなさんの声を聞くため、伺います


にんにくの植付け(JA採取圃)

JA管内は、にんにくの植付け、ごぼうの収穫、米の収穫が目立ちます

にんにくの植付けは六戸地区は10月上旬に、三沢地区は中旬がピークです
s-IMG_9776.jpg
穴をのぞくと
s-IMG_9775.jpg
かろうじて見えました

s-IMG_9777.jpg
JAは優良種子の生産と供給に努めています
ですが、生産者や作付面積が増え、毎年不足気味です
種子の確保に一層努力いたします

そして今月より、担い手農家さんのもとへ常勤役員がTAC担当職員とともに訪問いたします
皆さんのニーズをより正確に把握するため、月に1~2回程度ですが、
ざっくばらんに近況や要望等をお話し下さい
s-IMG_9672.jpg沖澤組合長
s-IMG_9796.jpg種市専務(中央)

よろしくお願いいたします

選果施設の見学


ごぼう 2Lサイズ

s-IMG_9600.jpg
ごぼうの選果が本格化します

s-IMG_9582.jpg
市内の小学3年生が見学に訪れました

長いもとごぼうの選果施設の見学です
ごぼうの香りに喜び、「ごぼうに草が生えてる!」と驚いていました
ごぼうの生命力の強さの証拠です

s-IMG_9585.jpg
立派なごぼうです

s-IMG_9589.jpg
「この太さのごぼうは、鍋やきんぴらに使われるので、とても人気があります」と説明

s-IMG_9598.jpg
1℃の冷蔵施設で保管され、出荷となります

秋掘りごぼう はまだまだこれから
JAおいらせ産のごぼうをよろしくお願いします
s-IMG_9574.jpg

収穫の秋 到来です


田植えからちょうど4カ月、無事に実りました

青年部三沢地区が毎年お手伝いしている小学校での米作り
ついに稲刈りの時が来ました!

s-IMG_0327.jpg
全校児童で稲刈りです

s-IMG_0342.jpg
青年部員がデモンストレーション

学校での米作りはもう10年以上
昨年は5年生だけでの米作りとなりましたが、今年は全校児童参加とのことで
子ども達も気合が入っております

s-IMG_0355.jpg
稲刈りが初めての1年生には6年生がしっかりついてアドバイス

s-IMG_0398.jpg

s-IMG_0399.jpg
始めはぬかるみに手こずっていた子どもたちでしたが、
稲刈りは慣れているので、気付くとどんどん進んでいました

s-IMG_0373.jpg
青年部員は束ねる作業をお手伝い

児童に「撮ってくださーい」と声をかけられ
s-IMG_0435.jpg
靴を脱ぎすて、もう靴下になっちゃいました

s-IMG_0418.jpg
約1時間の稲刈りでしたが、よくできました!

s-IMG_0469.jpg
学校に戻り、高学年の児童と青年部員で乾燥作業へ

学校米として、参観日で販売されるそうです!

小学校で米作りができる環境はなかなかありません
ごはんや農畜産物のありがたさを体験できる貴重な機会です

学校と青年部の取組みに拍手です!!