水稲催芽作業

毎日のお仕事お疲れ様です。

今週は気温が低かった日が多かったですね。

今週に入り、水稲の催芽作業が増えてきました。

米のモミをそのまま土にまいても、芽はなかなか出ません。

なので、農家は米の種をまくまでに、いろいろな作業をします。

まず、水に2週間くらい種もみを浸けます

そして、30~32℃のぬるま湯に16~20時間浸けると
201504101.jpg

このように、小さい根と芽が出てきます。これで、種まきの準備はOK!
201504102.jpg

農家はこんな作業をしてるんですよ。知らなかったでしょう!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する